太陽光発電

太陽光発電の維持費はどれくらいかかる?【実体験を元に解説】

パネルくん
パネルくん
太陽光発電の設置後にかかる費用は?何にどれくらいかかるの?

上記疑問について解説します。

 執筆者

たけ
たけ
住宅太陽光3基、野立太陽光2基の発電所を設置しています。

それでは太陽光発電の設置後にかかる維持費を説明します。

太陽光発電の維持費

sorlar

ざっくりですが「20万~30万円/年」程かかります。

そんなに高いの?という疑問もあると思いますが、内訳について説明します。

太陽光パネルの固定資産税

パネルの固定費はかなり高いです。

以下の両方に当てはまる場合、非課税となるので当費用はかかりません

  1. 太陽光の設置容量が10kW未満の場合
  2. 年間の売電収入が20万未満の場合

住宅太陽光(余剰売電)が対象外として大体当てはまりますね。

費用計算

以下の計算式で固定資産税を求めます。

評価額 = 太陽光発電設置額 × 減価率(1 – 0.127)

・太陽光発電固定資産税 = 評価額 × 標準課税(1.4%)

※減価率…購入年数に応じて変わる。
※標準課税…太陽光パネルの場合は「1.4%」となる。

「1400万円」の太陽光発電設備を購入した場合、年間費は以下の通りです。

・1222万円(評価額) = 1400万円(太陽光発電設置額) × 減価率(1 – 0.127)

・17万(太陽光発電固定資産税) = 1222万円(評価額) × 1.4%(標準課税)

※固定資産税の万単位以下は切り捨て

太陽光発電設置後、3年間は以下の特例があります。

  1. 太陽光発電設置後1年間は減価率が1/2(1 – 0.064)になります。
  2. 太陽光発電設置後3年間は固定資産税が2/3に減免されます。

簡単に説明すると、安くなるという事ですね!

これらを踏まえて、10年間の固定資産税を早見表にしました。

※太陽光設置額は1,400万円とし、3年目までは固定資産税を2/3減免しています。

年数 固定資産税 評価額 減価率 標準課税
1 122,304円 13,104,000円 (1-0.064) 1.4%
2 106,771円 11,439,792円 (1-0.127) 1.4%
3 93,211円 9,986,938円 (1-0.127) 1.4%
4 122,060円 8,718,597円 (1-0.127) 1.4%
5 106,559円 7,611,335円 (1-0.127) 1.4%
6 93,026円 6,644,696円 (1-0.127) 1.4%
7 81,211円 5,800,819円 (1-0.127) 1.4%
8 70,898円 5,064,115円 (1-0.127) 1.4%
9 61,894円 4,420,973円 (1-0.127) 1.4%
10 54,033円 3,859,509円 (1-0.127) 1.4%

土地固定資産税

年間42,500円になります。
広さに応じて変わりますが、そこまで高く無いです。

太陽光発電 固定資産税【2019年度】 年間42,500円 登記地目は「宅地」で課税地目は「雑種地」です。 広さは「627.37㎡」になります。...

パワーコンディショナーの電気代

私の場合は「2,000円/月」くらいかかっています。

パワーコンディショナー(5.5kW)の1台当たり「200円〜300円/月」程が目安になります。

遠隔監視システム通信費

遠隔監視システムを導入しなければ、こちらの費用はかかりません。

こちらは種類にもよりますが「1,000円~2,500円/月」くらいかかります。

私の場合、エナリス社の「FALCON System」を利用していますが「2,200円/月」程かかっています。

メンテナンス費用

こちらは、機器のチェック、毎月の管理、年間●回の現地清掃や雑草対処、トラブル発生時の駆けつけ対応などオプションで金額が高くなっていきます。
雑草対処をつけるだけで、費用が10万円程高くなる会社もあり、金額はバラバラですが

大体「10万〜20万/年」程かかっています。

損害保険料

大半の場合、購入代金の中に保険が含まれている(動産保険、自然災害等)ので、個別に保険をかける場合にかかる費用となります。
個別にかける場合、年間数万はかかりますが、私はここに費用をかけていないです。

積立予備費

パワーコンディショナーは10年を目処に交換が必要になる機器です。
この費用が高額でして、、1台あたり「20万〜40万」程かかります。

SOLARPARTNERSのサイト記事に詳細が書かれていました。
» パワコンの交換費用

大体が、4.5kW、5.5kW、9.9kWになるので購入時にパワーコンディショナーの構成を確認しておくのが良いですね。

思っているよりかかる費用が沢山ありますが、楽しい太陽光発電生活を過ごしましょう!

今回は以上になります。